読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bookstamoriの日々

書籍の話題やジャズのこと、加えてホットで旬な話題のキーワードをピックアップ。思うところを綴ります

(その2) どうされてますか? 読み終えた書籍...

前回の記事で一般的な処分の方法について述べました。

「メルカリ」だとか「ブクマ」など、フリーマーケット感覚で利用できるサイトが人気のようです。小出しで書籍の処分を考えればそれなりの楽しみもあるように思います。

ただ、引っ越しなどを契機にまとめて処分となると、ちょっと大変です。もちろん、古書店での一括買取依頼の選択肢以外にもサービスがあります。

例えば、アマゾンの場合でも「買い取りサービス」を行っています。

www.excite.co.jp

(注;上記のリンク先にはいろいろなケースが紹介されていて面白いです)

たまたま英単語に関する手持ちの書籍の価格をアマゾンで調べていましたら、この書籍は3000円で買い取る・・・と案内されていました。ただ、状態によってはかなり変動するようで「良い」程度なら500円位まで下がるようです。こうなると、ちょっとガックリとなりました。

アマゾンにしろブックオフにしろ買い取り相場がはっきりとわかるところがいいように思います。
私の体験から言うと、街の古書店では個別の値段に触れることなく「まとめて幾ら」と言う記憶が残っています。但し、最近では新古書店のネット買取りの場合、個別に買取り明細を呈示する対応となっているようです(ブックオフ駿河屋、ネットオフ等については明細を作成してくれます)。

さて、最も良いのはどの方法か

経験的に言って、時間的な余裕があって少々の手間をいとわないのであれば、ヤフオクやアマゾンのマーケットプレイスを利用すれば良いのです。それなりの実勢価格での売買が可能となり、購入時の価格に近い金額で買い手のつく場合もあります。

ただ、「そこまでやるか・・・」との思いを持つ人も多いことでしょう。

そこでお勧めは、出品代行のサービスを利用されることです。
全くの我田引水ですが、お客様から書籍を預かって、例えばアマゾンのマーケットプレイスに出品し買い手がつけば手数料を頂いて、お客様に代金をお支払いする・・・と言うサービスです。

詳しい内容については、

bookstamori.com

をご参照頂ければ幸いです。

但し、このサービスの欠点は「買い手がつくまで時間がかかる」ことです。ですので早く処分してしまって換金したいと考えているお客様には不向きなサービスです。

経験的に言えば、このサービスを利用されたお客様には、専門的な分野の書籍を必要とされる立場の方とか音楽CD映画DVDなどのコレクターの方が多いようです。もちろん、趣味や実用的な書籍の販売依頼も頂いているのですが、このような場合は発売されてから2~3年位のものは高値が付きやすい傾向にあります。

以下、実際例を挙げてみます

以下のデータは昨日買い手のついた書籍です

 (当店、販売価格408円)

導引養生功入門編―写真で学ぶやさしい気功

導引養生功入門編―写真で学ぶやさしい気功

 

 (当店、販売価格1500円)

 

ココロの食卓~おかえり愛しき詩たち~

ココロの食卓~おかえり愛しき詩たち~

 

 (当店、販売価格1749円)

買取り依頼をした場合の価格とは・・・かなり異なることが少しはお判りいただけるのではないかと思います。勿論、販売価格から様々な費用(送料、包材費、手数料等)が発生するので、お客様の手元に残る費用はかなり減ります。それでも、恐らくは一括買取りの場合よりも金額は高くなる可能性があり得ます。

と言うことで、よろしくご検討ください。



(その1) どうされていますか? 読み終えた書籍・・・

 キーワード、「読み終えた本」で検索してみました。
(以下、検索結果順です)

(1)

読み終わった本ってどうしてますか? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
ここには読書好きな人たちの、いろんな対処の方法が紹介されており、知らぬ間に増えてしまう蔵書の付き合い方が凝縮されているように感じさせられます。


(2)

読み終わった本をためこまない方法 | ソファに寝ながら考えた

印象に残った書籍は「電子化」して保管・・・と。ともかく貯めこまないがコツのようです。


(3)

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

Yahoo知恵袋の質問が第三位に入っていました。話はそれますが、この「Yahoo知恵袋」は、アフィリエイトのコンテンツ作成するときに参考にされる方が多いと小耳にはさんだ記憶があります。困っていることやアスピレーション(欲求)のありかは何処に?と言う観点から活用される・・・とのこと。

さて、本題に戻りベストアンサーは「すべて売り払う」です。そして、街の古書店新古本を扱う店、例えばブックオフなどに売る・・・です。

「自分で売る」方法とは?

色々な方法、例えばご自分でオークションに出品する方法もあります。ただ、ヤフオクのような場合だと時間的に余裕が無いと難しい側面があります。

その点、最近ユーザーの支持が高いフリマで販売するのは、出品するまでの手間がかなり軽減されています。代表的な事例としてメルカリラクマ等があります

新顔では 本のフリマアプリ「ブクマ!」 | 裏表紙にあるISBNバーコードを読み取って、10秒でかんたんに出品があります。ぶくまは、出品に際してはスマホでバーコードを読みとりすればよいだけと言う手軽さとなっています。


 このブクマ、ただ今オープンキャンペンにつき出品手数料は無料と太っ腹のサービスを実施中。私も利用したことがありますが出品・購入共に実にシンプルな構造で直感的にわかりやすい作りになっています。

この自分で売る方法は時間さえあれば良いともいえるのですが、発送のための封筒等の梱包材料や以外と高くつく送料などの問題もあります。

それでも、古書店の一括買取りを利用し場合の「あまりの低い査定額に落胆」と言う悲劇(?)に遭遇する事に比べれば、少しは救われようかと言うものでしょう。

さて、読書家の皆様、どのように対処されていますか?