読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bookstamoriの日々

書籍の話題やジャズのこと、加えてホットで旬な話題のキーワードをピックアップ。思うところを綴ります

ホワイトデーのプレゼント、選び方と贈りかたで決まるかぁ? 男の評価・・・

誰が言い出した・・・?3/14のホワイトデー

 昭和30年代の後半頃から若い世代に定着し始めたのは「2/14のバレンタインデー」。女性から男性にチョコレートをプレゼントする日として、「モロゾフ」だとか「メリー」と言った百貨店をチャネルとしていたメーカーがプレゼント機会としてPRを始めたのがきっかけ。

このマーケットが拡大するにつれて、ならば・・・と「全国飴菓子工業協同組合」なる業界団体が1980年からホワイトデーと銘打ってPRに乗り出した。

ホワイトデー 公式サイト

f:id:bernies_tune:20160219100329j:plain

「チョコレート」と「キャンディ」の需要拡大を狙ったようなイベントだった訳ですね。ただ、1980年頃「キャンディ」は嗜好の変化もあって圧倒的な強みは失せ始めていて、歳暮・中元商戦の定番ではなくなっていった頃でもある。(キャンディが一時期、進物商品として人気があったなんてのは、あまり信じられないでしょうが・・・)

2/14日バレンタインデーについて言えば、チョコレートの販売額は絶好調の右肩上がりの時代。で、このチャンスを見逃すまいとバレンタイデーの一ヵ月後に「キャンディーを贈る」日として今に至る訳ですね。

バレンタインデーは聖バレンタイン殉教の日の故事来歴が伴っているのだけれど、この日にはそれらしき故事来歴は無い。あるのは業界の先達のウラ話である。


 キャンディ業界の攻勢に負けてはならじと、チョコレート業界は「ホワイトチョコレートをお返しに」とPRを展開し始め、まぁいい意味での競争が今日のマーケットを作り上げたとも言えるでしょうね。
先に触れたようにバレンタインチョコレートの人気は凄いもので、某チョコレートメーカーでは、チョコレート年間販売額の半分程度このバレンタイン商戦で扱うと言う話を耳にしたこともあります。

 

続々と異業種の参入が・・・

さて、このようにマーケットが見つかり成長し始めると、次は異業種の参入・・・。「ハート型」由来なら、「ホワイト」由来なら・・・何でもこれらの日に「プレゼントしましょう」とのプロモーションが盛んに行われるようになりました。菓子や食品はもとより、衣類・酒類・アクセサリーだとかもう何でも「この日」にプレゼントになってしまいました。

shopping.yahoo.co.jp

 

3月に入ると、百貨店は男性客増加現象も・・・

日々、百貨店の食品や雑貨の売り場は圧倒的に女性客の方が多い。これは至極当然なことなのだけれど、3月上旬から半ば前まで、日ごろ余り見かけない中堅の男性サラリーマン層が百貨店へ足を運びます。

そう・・・ホワイトデーのプレゼント購入のためです。買い物なれも余りしていない様子なので、敏感な女性であればきっとすぐにお解りなると思いますが・・・。

「特定男女同士」のプレゼント機会から、「一対多」のプレゼント機会に変わってしまったからこのような現象になったのでしょうね。

そりゃまぁ、職場の情景を思い浮かべてみれば想像ができようかと言うものです。未だにもらったチョコレートの数を自慢する管理職がいるのか、どうか私には確かめることは出来なくなりましたが・・・。

 

プレゼント選びですが・・・

2/14と3/14の関係は「プレゼントへのお返しはマナー」と言うことが基調となる流れですね・・・。


贈りものへの返礼はこのようなプレゼントチャンスだけの機会に限定ではなく、「給付と返礼は義務である」として、世界各地国々やその歴史の中で見出すことができます。
これは広く人類の遺伝子のなかにDNAとして組み込まれているようなものかと・・・

 

さて、本稿のテーマである「贈るものと贈り方」ですが・・・

【既婚者の場合】
職場の女性からのバレンタインチョコレートへの「お返し」ですが、これは簡単至極です。3/14に間に合うように奥様に揃えてもらえば良いのです。2月14日のプレゼントでもらったチョコレートは、奥様や子どもさんに差し出しましょう・・・これにて家庭円満です。

【独身の場合】
気にかかる人がいる場合、そうでない場合、沢山の女性と親密になりたいと・・・まぁ色々あるでしょうが。ご予算と思い入れで選べばよいと。宮崎元衆議院議員のような「チャラ男」でない限りはね。

【贈り方について】
どのメーカーもホワイトデーを意識したしつらえだし、3/14には女性たちのもとへ沢山のお返しが届きます。ひょっとしたら、贈る側の男性の思いが埋没してしまうかもしれません。きっちりと思い(感謝であっても、慕う思いであっても)を伝えるには、3/3の雛祭りの日にプレゼント贈りましょう。

きっとあなたの好感度アップは間違い有りませんから・・・