読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bookstamoriの日々

書籍の話題やジャズのこと、加えてホットで旬な話題のキーワードをピックアップ。思うところを綴ります

交付済みのマイナンバーカード、受け取りに出向かない人たちも大勢という現状

窓口に出向かない人、多数に驚き

f:id:bernies_tune:20160710141939g:plain

     札幌市では6月末現在、希望者に無料で交付する個人番号カードの申請が15万9690件あったのに対し、交付できたのは3割の4万8152枚にとどまっている。

 申し込みに対して交付ができなかったのは理由がある。これはもう待つしか仕方ないというもの。ただ、後半部には下記のような記述がありました。

    15万9690件のうち同機構から15万2732枚のカードが届いたが、1月以降、区役所で運用している同機構のシステムトラブルが続き、交付前の手続きに手間取った。申請者に引き取りにくるよう通知できたのはこれまでに8万6325枚のみ。通知しても引き取りに来ない人も多く、3万8173枚が各区役所に残ったまま

 
 なんと、「通知しても取りに来ない人も多く、3万8173枚が役所に残ったまま」と言う事のようです。

初回の交付は「無料」という手軽さから申し込んだ方も多いことでしょう。
ただ、現時点では使うシーンというか、持っていても持っていなくても日々の暮らしになんら支障はない・・・という事情があるのかもしれません。

加えて、交付に際しては時間を結構とられてしまうという事情もあるのかもしれません。

戸籍住民課は、各区役所での受け取りが平日の午前8時45分~午後5時15分に限られていることも、交付が進まない要因の一つとみて、土日の交付が可能か検討している。道内では北見市室蘭市などが土日の一部で窓口を開けて対応している。

それでも、受け取りに来ない人が4万人弱程度は、ちょっと多いのかなと印象はぬぐえません。


このことは札幌市だけなのかどうか・・・。もっと注意深く他都市の状況を見る必要がありますが。

 
春先のころから比べると、マイナンバーカードや(同)制度に関する話題がめっきりと減少したことも影響しているのかもしれません。

マイナンバー通知カード」の未達もありますし、加えて「マイナンバーカード」を受け取りに来ない人が多数とか・・・。
役所の窓口はこれからも「マイナンバーカード」対応で大変な状況であることは間違いなさそうです。