読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bookstamoriの日々

書籍の話題やジャズのこと、加えてホットで旬な話題のキーワードをピックアップ。思うところを綴ります

アマゾン、詐欺被害が多発の様子です

今月の中旬位から、とても安い販売価格でしかも出品数が1万を超えるような出品店舗がある・・・と、アマゾンの出品者フォーラムで話題になり始めていました。

同業の方々は、この頃からオカシイと思われていたようで、通常は1万円近くするような商品が千円前後で販売されているので、なお更のこと。また、所在地を参照すると中国が多いかなと言った程度でした。

そして20日過ぎ位から実害が出始めました。

www.sankei.com


昨日(27日)には、実際に被害に遭った人からアマゾン・セラーフォラムに生々しい投稿が掲載されたりしていました。

昨日の25日、私のアカウントが乗っ取られ、20000件近くのお取引がスタートしていました。
翌午前2時に大量の「商品を発送してください」とぃうアマゾンからのメールを見て異常に気付き・・・

 冒頭、「2万件近い・・・」と言う数字に驚かされます。(投稿の数字が間違っていなければ)実に大変な数字だと思ってしまいます。

目的はお金?それとも個人情報の収集?

今のところ、被害の全容は全く不明。どの程度の規模で金額や個人情報が収集されてしまったかは公表されていません。
冒頭の投稿の被害数が間違いないとするなら、結構なスケールの被害だ・・・

また、正規の出品業者が間違って、一時的に出品停止の措置がとられたなどの混乱も生じているようだ。

nlab.itmedia.co.jp

不幸にもこの詐欺に遭遇してしまったとしても、購入者の場合、アマゾンから「マーケットプレイス保証」の適用で、購入金額は戻る可能性が高いと思います。

ただ、個人情報は漏れてしまいました。こればっかりはアマゾンと雖も、対応のしようが無いでしょう・・・

但し、まだ幸いなことに購入時のクレジットカード情報は漏れていません。出品者の全くあずかり知らぬところで決済されています。今回、この点は大丈夫と思います。

被害に遭わないためにするべきことは・・・

(私のような)出品者の場合ですが、ともかくアカウントの保護のために「2段階認証」はもはや必須です。
本日、アマゾンからも「重要」とのことで「2段階認証」導入のメールが着信していました。また、出品者ならずともアカウントの乗っ取りをふせぐためにも「2段階認証」は必須のことといえるでしょう。
二段階認証の詳しい説明は下記を参照してください。

Amazon.co.jp ヘルプ: 2段階認証について


ごく普通にネット通販の運営をしている立場からすると実に迷惑千万な話です。