読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bookstamoriの日々

書籍の話題やジャズのこと、加えてホットで旬な話題のキーワードをピックアップ。思うところを綴ります

アマゾンの詐欺騒動、防ぐにはセラーの「身分証明書呈示」を必須に!

4月中旬ころから「あり得ないような低価格で販売」するサイトの出現騒動が始まり、収まりそうな気配の無いアマゾンの詐欺業者の出没。下記のサイトでは、かなり詳しく今回の事件について書かれています。

犯人たちの目的は経済的利益の獲得に加え、個人情報の収集も目的にあると指摘しています。

news.goo.ne.jp

詐欺業者は上記の取引で得た、善意の第三者の個人情報を用いて再度セラー登録を行う。こうすることで、(おそらくは海外に在住する)詐欺業者は、実際に日本に在住している人の個人情報を用いて詐欺を働けるのだ。そして、そこで新しい顧客の情報を得たならば、その情報を用いて新たなセラーとして登録。これを繰り返すことで被害を拡大する。

 

アマゾンで販売しようとするのは実に簡単!

私の場合、アマゾン・マーケットプレイスで本を売り始めたのは2005年頃からでした。商品とクレジットカードさえあればスグにでも出品が可能でした。

多分、今もあまり変わらないと思います。ただ2010年ごろから例えば大量に中古書籍を取り扱うなら「古物商」の届け出番号を登録が必要になった程度かと記憶しています。

ほんの副業程度でアマゾン・マーケットプレイスで書籍やその他のモノを販売している人にとっては、とても手軽に稼げる場所な訳ですね。

ただ、今回の詐欺事件を機会に、出品者の本人確認をアマゾン側も厳重なチェックを行うことになると思います。

 

アメリカアマゾンでセラー登録の場合ですが・・・

手元にレアな洋書が少し集まり国内で販売と併せて、アメリカアマゾンでの販売を思い立ち、数日前にマーケットプレイスへの登録手続きを行いました。(実は一年前にも同じ事を試みました。この時は商材が乏しかったので一か月程度で退店しました。)

セラー登録に必要な事は、売上げ代金の受け取り口座登録と本人確認に大別できます。

上代金の受け取り口座の登録に際しては、振込み口座の「取引明細書」の提出を求められました。

また、本人確認については、公共機関発行の身分証明書の提示が必要でした。今回、私の場合は住基カード(写真有り)を呈示しました。

前回、一年前の登録に際してはあやふやな記憶なのですが、公共機関発行の身分証明書の呈示は不要だったのじゃないかと思います(今、関連情報をネットで調べてみたのですが、IDカードは不要でした)。
但し、登録時に電話での本人確認は同様にありました。

 

日本のセラーにも適用される?「身分証明書(写真入り)」の呈示・・・

この折りのUSアマゾンへのセラー登録してから驚いたのですが、日本アマゾンとUSアマゾンの管理者画面は視覚的にも機能的にもほぼ同様です。更に驚きは、USアマゾンであっても日本語表示が可能となっています。

と言うことで、今回の詐欺騒動を機会に日本アマゾンでも、早晩、出品に際しては「身分証明書(写真付き)」呈示は必須になると想像しています。「パスポート」や「マイナンバーカード」もしくは「住基カード」もある訳ですし・・・

セラーとして活動したい場合、「身分証明書(写真入り)」を呈示を必須にすればこの手の詐欺はかなり防げるようになると思いますが・・・ 如何なものでしょうか。